FXのトレンドを見極める為のツール

トレンドを追跡していくと、FXで大きく稼げるケースもあります。上昇もしくは下落のどちらのトレンドなのか、よく見極めてみると良いでしょう。その際、トレンドを確認する為のツールが使われる事もあります。

トレンドを確認する為のツール

FXには、チャートというグラフがあります。ローソクのような形状をしたグラフもあれば、棒グラフもあるのです。現在のレートはどのような状況になっているかを、グラフで確認できるようになっています。
グラフだけでなく、チャートには取引の分析用ツールがあります。そのツールも2つの種類があって、オシレーター系とトレンド系があるのです。
冒頭で触れたトレンドを見極めたい時は、後者のツールが活用されます。色や傾きなどを確認すると、大まかなトレンドを見極める事ができます。

移動平均線の基本的な使い方

例えばFXのツールの1つに、移動平均線があります。このツールの使い方は、ローソクとの位置関係です。線の上と下のどちらにあるかを確認した上で、取引していきます。
例えばローソクが移動平均線よりも上にある時には、基本的には上昇トレンドであると判断できます。逆に、ローソクが平均線よりも下にあるなら、下落トレンドと判断できる訳です。位置関係によって、大まかなトレンドを確認できる訳です。
その他にも、移動平均線の傾きに注目する使い方もあります。平均線が右肩上がりになっている時は、上昇トレンドであると判断できるのです。逆に、下がっている時には下落トレンドと判断できます。
もちろん上昇トレンドになっている時は買い注文しますし、下落トレンドならその逆の注文をする訳です。
何も、移動平均線だけではありません。ボリンジャーバンドや平均足など色々なツールがありますが、それを活用して外貨の状況を確認する訳です。

トレンド系で転換点は確認できるか

ちなみにトレンド系のツールを使ってみると、ある程度は相場の転換点が分かる事もあります。右肩上がりになっていた移動平均線が、ある時から下がってきた時などは、下落トレンドに転じているとも判断できるからです。
ただし、それはトレンド系ツールの本来の使い方ではありません。あくまでもトレンドの流れを見極めるために使うのがメインだからです。
転換点を見極めたい時は、むしろオシレーター系と呼ばれるツールを使う方が良いでしょう。そのツールが示している数字に注目して、転換しつつあるかどうかを見極めていく訳です。