サイレントワーカー(Silent Worker)はとにかく収益化が早い!?

「無理しなくても稼げる!!」今話題の不労所得ビジネス!

東京オリンピックまであと1年近くとなりましたね。
アスリート達の繰り広げる、熱い戦い今から待ち遠しいですよね。
外国人観光客が都内にかぎらず全国各地にたくさん訪れ日本中が多いに盛り上がることでしょう!

チケット応募はことごとく外れてしましましたがオリンピックのチケット代って席や競技にもよりますがなかなかの高額でしたね!!なにをするにもお金がかかる時代!4年に一度、会場で見る生の映像・感動はお金には代えられないもの…でも、外れて少しほっとしたのも事実です。

それでも私はきっと近所のスポーツ観戦バーとかでチケット代くらいの金額を支払って飲みながら観戦していると思います!

私は娯楽費も「投資」だと考えます!その物の価格が、自分にとっての価値以上に感じられるもの、価値が高いものにお金を使うことが「投資」ではないでしょうか。
しかしながら、元ととなる「お金」が無ければ娯楽費は生まれない…

みなさんも「楽してお金欲しいと思いませんか?」

「副業」・「投資」といった話は口にしない人も多いでしょうが、今の時代身近な人でも始めている人は多いと聞きます!

一般的にお金を動かしながら殖やす「投資」とは、「株式」、「信用信託」、「証券」などがありますが始めようと思っても難しそうで自分が出来そうにないと感じるものがほとんど。

副業ビジネスも最近では「アンケートモニター」、「Youtube」、「アフリエイト」「仮想通貨マイニング」など色々ありますが時間と労力を使うビジネスがほとんどです。

そこで最近よくネット広告などで見る「不労所得!!」という言葉。

真っ先に「詐欺っぽい!!」、「どうせ最初にお金払ってお金入ってこないんでしょ!?」といった思いを抱きつつも、本当かどうか内容を知りたいと思い興味本位から色々調べた中で見つけた「サイレントワーカー」というサービス。

「不労所得マシン」に「投資」するといったイメージのようです。「株」や「FX」のように始めに勉強する事も無く、自分の時間を費やす必要もないらしいです。
ビジネス参入後で入金に至らなかった場合は「全額返金」してくれるとの事!

LINEでも分からない事はある程度教えてもらえますが、詳しい詳細は電話予約にて教えてくれるそうです!私のように「本当の不労」で「ただ銀行に預けているお金をノーリスクで増やしたい」と願う怠け者にはピッタリのビジネスではないかと期待しています

 

なぜ株式取引はWEBがおすすめか

株で取引する方法は、色々あります。電話で取引する事も可能ですし、WEBもあるのです。それぞれ特徴も異なりますが、株式取引はWEBが一番おすすめです。手数料や利便性に関するメリットは軽視できません。

店頭での株式取引の特徴

株は、基本的には証券会社を通じて取引する事になります。まずは証券会社で口座開設して、株の売買をする訳です。
そして多くの証券会社には、店頭取引できます。店頭ですから、証券会社の実店舗に直接足を運んで取引する訳です。
その方法の場合は、分かりやすさに関するメリットがあります。証券会社のスタッフに直接質問できますし、難しいPC操作などをする必要はありません。
その代わり店頭取引は、手数料が若干高めになります。1取引につき1,000円以上の手数料がかかる証券会社も多いです。
また店頭取引の場合は、もちろん店舗まで足を運ぶ必要があります。店舗が自宅から遠いと、少々面倒です。

電話で注文する事も可能

わざわざ実店舗に行くのが面倒な時は、電話取引もあります。実際多くの証券会社では、電話注文も受け付けてくれます。もちろん電話の場合は、わざわざ手間をかけて遠くの店舗まで行く必要はありません。
しかし電話取引も、手数料は若干高めになります。少なくとも電話代はかかるでしょう。それに加えて取引手数料が別途で加算されますから、コストは高めになってしまう傾向があります。

とても便利なWEBの取引

店頭や電話よりは、やはりWEBで株式取引する方が良いでしょう。
WEBには色々なメリットがありますが、その1つは場所です。WEB接続できるなら、どの場所でも構いません。
幸いにも、最近では多くの証券会社はスマホでも取引できます。スマートフォンであれば、場所は選ばないでしょう。
またWEB取引には時間帯に関するメリットもあります。電話注文のように、受け付け時間が限られている訳ではありません。24時間いつでも発注できます。

手数料も格安なWEBの株式取引

そしてWEBによる株式取引には、手数料に大きなメリットがあるのです。実際に確認してみると分かりますが、他の取引方法と比べると、WEBは一番格安になっています。取引手数料が1,000円を超えてしまうケースは、まずありません。手数料を節約したいなら、やはりWEBで取引する方が良いでしょう。
もちろんWEBで取引するなら、PCやスマートフォンなどのIT機器は必要です。しかし操作方法は特に難しくありませんし、コストなどを考慮すれば、一番おすすめです。